クレしん映画感想00

 私(以下、筆者)は、好きなアニメがある。

クレヨンしんちゃん」だ。

 今でこそ「子ども向けアニメ」として親しまれているが、元々は、青年向け雑誌の連載漫画。

 筆者はアニメ版から入った身なので、原作を読んだときには少々戸惑った。

 今回書くのは、そんな「長寿アニメ」となった「クレヨンしんちゃん」の映画についてだ。

 筆者は、クレヨンしんちゃん映画を第1作目から最新作まで欠かさず鑑賞していて、第1作となると、1993年(平成5年)の作品である。

 ちまたでは、「子どもには見せたくないアニメ」などと称されているが、筆者は子どものころから鑑賞していて、なおかつ、子どもにお勧めしたい作品であり続けるということを、これから書く「クレしん映画感想」で伝えていきたい。

 あらかじめ断りを入れておくが、あくまで”一個人の感想”で、作品の考察だとかなにかを一方的に非難したいなどということは無い。

 まず、第1作となる伝説級の作品。

 「アクション仮面VSハイグレ魔王」である。

 もうすでに、タイトルからしてぶっ飛んでいる。あのアクション仮面はどんな悪役と戦うんだと考えざるを得ない。

 そんな「クレしん映画感想」を、次回から書いていこうと思う。